できることなら「短期間で脱毛を終えたい!」と思いますよね。

ですが、脱毛は2ヶ月ごとに通う必要があるため、どんなに早く脱毛しても半年~2年(※コースや脱毛サロンによる)はかかってしまうのです。

なぜ、2ヶ月間隔という周期が決まっているのでしょうか?
また、脱毛してから2ヶ月以内に再度脱毛をするとどうなるのでしょうか?

今回は脱毛の周期や頻度についてお話していきます。

脱毛の頻度は毛周期に合わせて約2ヶ月~3ヵ月以内が鉄則!

脱毛周期

毛には生え変わる周期があり、約2ヵ月~4か月のあいだに

「成長初期」➡「成長期」➡「退行期」➡休止期」

の4段階サイクルで繰り返されています。

脱毛効果が1番出るタイミングは、毛母細胞の分裂がはじまる「成長初期」の毛にアプローチすることです。

このサイクルを無視し、休止期の毛をいくら脱毛しても全く意味がないのです。
それどころか、肌のダメージが大きくなるばかり。

ですから、多くの脱毛機関が2ヵ月~3ヵ月間隔をあけることを推奨しているというワケです。

2回目の施術は2ヵ月以内でも良い場合がある

脱毛クリニックでは、医療用レーザー器を使用しているため少しレーザーの出力が高めになっています。

クリニックによっては1回目の施術は弱く照射しているところもありますので、その場合は2ヵ月以内になっても問題ありません。
ただしレーザーの強弱は素人が判断できないため、次回予約のときに担当者に相談するようにしましょう!

脱毛頻度の間隔をあけすぎたらどうなるの?

間隔あけすぎても大丈夫?

脱毛の間隔が短すぎると脱毛の効果がなくなってしまいますが、逆に期間をあげすぎた場合はどうなるのでしょうか?

実は、医療脱毛であれば、4ヵ月以上の間隔があいてしまっても大丈夫♪

というのも、1度破壊された毛根組織が回復することがないからです!
決まった間隔で予約を取るのは難しくなることは誰だってあります。
そんなときは無理せずに、自分の行けるタイミングで行くようにしてくださいね。

ただし、キャンセルをする場合は注意が必要!

クリニックのなかにはキャンセル料が発生するところもありますので、事前に料金体制を確認しておくようにしましょう。

脱毛の周期と頻度についてまとめ

脱毛は、毛の成長サイクルに合わせて2ヵ月~3ヵ月周期で行うのが1番効果的です。

しかし、仕事の都合や体調不良によって間隔があいてしまうこともあるでしょう。
そんなときは無理せずに、キャンセルや予約の変更を相談するようにしてくださいね。

合わせて読みたい医療脱毛: