キレイになりたいけど、痛いのは嫌!

そんなあなたは、無痛の脱毛がオススメです♪
医療脱毛はとくに痛いイメージがありますが、機械の進歩により無痛が実現できる脱毛器があるというのです!
脱毛の痛みが心配な方は、痛みが抑えられる脱毛器を導入しているクリニックに行ってみてはいかがでしょうか?

今回は、無痛で受けられるクリニックと脱毛器についてご紹介していきます。

そもそも医療脱毛の痛みってどのくらい痛いの?

医療脱毛は、毛根組織を熱によって破壊します。
このときに、ゴムで弾かれたような「バチッ」とした衝撃と痛みを受ける人もいます。

脱毛する部位や毛と肌の状態によって、痛みの差は違いますが、脱毛したての頃はある程度の痛みを覚悟しておくと良いでしょう。

痛みが抑えられる脱毛器

☆ライトシェアデュエット
☆メディオスター

この2つの脱毛器は、比較的痛みが抑えられます。

「なぜ痛みを抑えられるのか?」それぞれの特徴を具体的にご紹介していきます。

ライトシェアデュエット

脱毛器に導入されているレーザーが色素に反応すればするほど、痛みは強くなります。

その点、ライトシェアデュエットは、肌を吸引して引き伸ばしながら照射するため、余計なダメージを抑えて毛根にエネルギーを集中させることができます。

また照射と同時に冷却機能も備わっているため、吸引と冷却のダブル効果で脱毛の痛みを抑えることが可能なのです!

ライトシェアデュエットを扱っているクリニック

リゼクリニック


アリシアクリニック

メディオスター

毛根組織を熱破壊させるのが主流ですが、最近は毛根組織ではなく「発毛因子(バルジ領域)」を破壊させることができる脱毛器が登場しています。

毛根組織を破壊することに比べ、浅い層にあるバルジ領域を細かく照射する方が痛みは少ないと言います。
また、色素に左右されないので、日焼けした黒い肌や黒ずみしてしまっている肌にも◎!

メディオスターを導入しているクリニック

湘南美容クリニック


新宿クレアクリニック

完全無痛で医療脱毛を受けたい方は「麻酔」してもらおう!

ご紹介した2つの脱毛器は、あくまでも「痛みが少ないもの」です。
完全に無痛で医療脱毛を受けたい方は、麻酔処置してもらいましょう。

クリニックによって、麻酔の仕方や値段は異なりますが、おおよそ3,000円前後で麻酔処置が可能です。
種類も、クリームタイプや吸引タイプなどさまざま。

麻酔希望の方は、事前にカウンセリングや予約の時点で伝えておきましょう。

無痛で受けられる医療脱毛まとめ

痛みが抑えられる脱毛器(ライトシェア・ドュエット、メディオスター)を導入しているクリニックであれば、あのこわ~い痛みを経験せずに脱毛することができます。

「毛が太くて濃い・・・」「肌が黒ずんでいる・・・」そんなお悩みがある方は、とくに痛みを抑えられるクリニックがオススメです。
それでも痛みが恐い方は、無痛になれる麻酔処置してもらうのが◎!

麻酔は医療脱毛ならではの処置ですので、どうしても…という方は先生に相談してみてくださいね^^

合わせて読みたい医療脱毛: