永久脱毛と聞くと「一生毛が生えてこない肌」とイメージする方がほとんどではないでしょうか?

実は、永久脱毛とは一生毛が生えてこないことではありません。

「え?じゃ永久脱毛って何?」
「いつかは毛が生えてくるっていうこと?」

こんな疑問を持ってしまいますよね・・・。
今回は、永久脱毛について徹底解説していきます。

永久脱毛=一生毛が生えてこないことではない

永久脱毛とは

永久って言っているのに永久ではないなんてショックですよね・・・。
永久脱毛の定義の実態を見ていきましょう。

永久脱毛の定義

☆AEA(米国電気脱毛協会)
脱毛施術をしてから1ヵ月後に毛の再生率が20%以下であることを定義としています。

☆FDA(米国食品医薬品局)
3回の脱毛施術をしてから6ヵ月後に67%以上の毛が減っていることを定義としています。

現在日本には永久脱毛の定義がなく、アメリカのAEAやFDAの定義が転用されています。
2つの定義をまとめると、一定の脱毛施術を行ったあとに再生する毛が、長期間において減少し維持されることになります。

ですから、将来1本も毛が生えてこない=永久脱毛ではないというワケです。

永久脱毛と半永久脱毛の違いって何?

永久脱毛は毛根(毛乳頭、皮脂腺開口部など)を破壊して脱毛するため、医療行為とされています。
そのため医師免許または有資格が必要となり、永久脱毛ができるのは医師がいる医療脱毛クリニックでのみ行うことができるのです。

半永久脱毛は、脱毛エステサロンで表現されている言葉になります。
医療従事者がいない脱毛エステサロンでは永久脱毛を謳うことは禁止とされているのですね!

脱毛エステサロンでの脱毛法は毛根組織を破壊しないレベルでの施術になるので、回数や歳月がかかってしまう特徴があります。

永久脱毛と半永久脱毛どっちが良い?

永久脱毛

最初にかかる費用は倍ほど異なりますが、長い目で見ると医療脱毛クリニックで永久脱毛する方が得と言えるでしょう。
また何かしらトラブルがあった場合、対応してくれる点も医療脱毛の方が安心できますよね。

ただし、医療脱毛(永久脱毛)で取り扱う機械はレーザーの出力が強いため痛みが生じることも。
効果は薄くても良いから痛みと費用を抑えたいという方は脱毛エステサロンの方が向いていると言えるでしょう。

永久脱毛の定義まとめ

アメリカの機関による定義によると、永久脱毛は長期間にわたり発毛率が減少することを指しています。
また、永久脱毛は毛根組織を破壊して脱毛するため、半永久脱毛よりも効果が期待できる点も!

より完璧な脱毛を考えている方は、医療脱毛クリニックを選択すると良さそうです^^

合わせて読みたい医療脱毛: