医療脱毛でキレイになるためには、ある程度の期間クリニックに通う必要があります。
その間、結婚や妊娠、出産をする方もいることでしょう。

そこで今回は、医療脱毛のコース期間内に妊娠した場合のアレコレについてお話しをしていきます^^

妊娠しても医療脱毛はできる?

妊娠中の脱毛

妊娠すると脱毛できないクリニックの方が圧倒的に多数!
なかには、「妊婦さんでもOK」としているクリニックもあるようですが、大手クリニックの場合、妊婦さんはほぼNGと思っておきましょう。

妊娠するとなぜ医療脱毛ができないのか?

についてご説明していきますね。

妊娠中、医療脱毛不可の理由とは?

☆ホルモンバランスの乱れによる脱毛の効果がでにくい

妊娠中は、プロゲステロンやプロラクチンといったホルモンの影響で、一時的に毛の色が濃くなったり、増えたりします。
そのため、妊娠中は脱毛をしても効果が出にくくなってしまうのです。

☆長時間同じ態勢や薬品の臭いで体調が崩れやすくなる

妊娠中は体調が崩れやすい

とくに妊娠初期は体調が崩れやすく、母体にストレスがかかりやすい時期です。
普段は問題なく施術を受けることができても、妊娠中はいつ体調が悪くなるか分かりません

☆陣痛を誘発してしまう恐れがある

妊娠中は痛みに敏感になる方も多く、少しの刺激でも反応してしまう恐れがあります。
出産間近の場合、陣痛を誘発してしまう恐れがでてくるため、安静が1番と言えるでしょう。

☆肌トラブルが起きても対応できない恐れがある

医療脱毛には、火傷や毛嚢炎のリスクがあります。
万が一肌トラブルが起きても、妊娠中は使える薬品が限られているため、十分な処置ができなくなる恐れがあります。

また、授乳中もホルモンバランスが乱れやすくなっているため、医療脱毛を受けることはできません。

医療脱毛の途中で「妊娠が発覚」したときの対処法

医療脱毛クリニックのなかには、「妊娠休会制度」を設けているところもあります。

妊娠中は休会可能

大手のクリニックの場合、妊娠中休めるようになっています。
しかし、医療脱毛クリニックによって制度が違いますので、通っているクリニックの制度を事前に調べておくようにしてくださいね。

医療脱毛と妊娠・授乳中の施術不可まとめ

妊娠中や授乳中の医療脱毛は、基本不可と思っておきましょう。
クリニックによっては妊娠中でも施術してくれるところもあるようですが、万が一のことを考えると辞めておくのが無難と言えます。

また、妊娠に気が付かずに医療脱毛を受けてしまう場合もあるかもしれませんが、レーザーがお腹のなかに届くことはありませんのでご安心してください。

妊娠が分かった時点で、早めにクリニックに伝えるようにしてくださいね^^

合わせて読みたい医療脱毛: