頭痛や生理痛などでロキソニンにお世話になっている方も多いと思います。

痛み止め=ロキソニン
のイメージが強いですが、医療脱毛など病気ではない痛みにもロキソニンは効果的なのでしょうか?

今回は、医療脱毛時の痛みとロキソニンの関係についてお話ししていきます。

医療脱毛の痛みが心配な方は、要必見ですよ!!

医療脱毛の痛みはロキソニンでカバーできる?

脱毛時に飲み薬は有効?

ロキソニンは、痛みを抑えてくれる薬です。
医療脱毛の痛みにも十分効果を発揮してくれるでしょう。

しかし、あくまでも個人差がありますので、飲んだけれど全然効かなかった・・・
なんてこともあるので注意してください。

ロキソニンは、非ステロイド系の解熱鎮痛消炎剤のなかでも有名な薬です!
解熱剤としてや、痛み止めとして使用できるなど、さまざまな症状に使えるといった点が指示される理由なのかもしれません。

また、ロキソニンは鎮痛効果が高く副作用が少ないのも人気のひとつ!
しかし、なかには副作用を感じる方もいますので、飲みなれていない方は以下の副作用を考慮するか、医師の診断のもと服用するようにしましょう!

《ロキソニンで考えられる副作用》

  • 過度の温度低下
  • 虚脱(脱力感、力が出ない等)
  • 四肢冷却(手足が冷たくなること)

脱毛前にロキソニンを飲むときは、必ずクリニックの先生に伝えるようにしてくださいね!

医療脱毛の痛みが心配な方は、麻酔が安心!

脱毛には麻酔

医療脱毛を行う際、VIOやワキなど毛が濃くて太い部分に痛みを感じることがあります。

我慢できる痛みならまだしも、悲鳴をあげてしまうような痛みだった場合、今後脱毛するのが嫌になる可能性もあります・・・( ;∀;)
安心して快適に医療脱毛を受けるためにも、最初から麻酔処置しておくことをオススメします♪

麻酔には、いくつか種類があり、わりと低価格で受けられます☆
なかには麻酔料0円のクリニックもありますので、麻酔をしたい旨を先生に最初に伝えておくと良いかもしれません(^^)

レジーナクリニック
麻酔料無料!!!!

リゼクリニック
笑気麻酔 30分/3,240円
麻酔クリーム 1回/3,240円

医療脱毛とロキソニンの効果まとめ

鎮痛剤効果のあるロキソニンは、医療脱毛の痛みにも効果的!

ですが、人によっては体調が悪くなってしまったり、施術に影響がでることも考えられます。
脱毛前にロキソニンを服用するときは、必ず先生に伝えるようにしてくださいね!

 

合わせて読みたい医療脱毛: